ときどき 映画日記。

新旧映画を とりまぜて綴っています・・・ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大いなる陰謀

大いなる陰謀

子育てやら 金欠やらで 映画館に行けず…
気がついたら 1ヶ月 書いていませんでした。  リンクや訪問していただいていた皆様に ほんと 申し訳ありませんでした。。。
(FC2は 一ヶ月書かないと スポンサー広告が貼られるんですね。。 記事を書くと消えるそう)
簡単にでも 感想を書き残していこうと思います。

トム・クルーズ、ロバート・レッドフォード(兼監督)、メリル・ストリープ というビックスター三人の共演で かなり期待していたこの映画。  
アフガニスタンとの 対テロ戦争の映画ですが、戦場のシーンはほとんどない地味な作品です。

アーヴィン上院議員(トム) と タイム誌の政治記者ジャニーン (メリル) の会話。
カリフォルニア大学の教授マレー(レッドフォード)と 男子生徒トッド(ガーフィルド) の会話。

この2つの室内の会話に 映画のほとんどの時間が費やされますが その一方で 実際にアフガニスタンの雪山に送り込まれ 命を失う貧しいアメリカ兵が描かれます。 
「言葉では良いことばかりいっても 実際には自分は温かい部屋で 兵士を送り込むだけの政治家」 への批判にもとれますし 「対戦を煽るが責任はとらないジャーナリストたちへの批判」 にも受けとめられました。 さらに何ひとつ行動をおこさない国民全体へにも。

「大いなる陰謀」という邦題から 期待して見にいくと かなり失望しましたが、(現代は「羊たちのためのライオンたち」) 脚本を読んだレッドフォードも 室内の会話ばかりで 映画化は難しいのではと思ったそうなので 彼の非ではないのでしょう。  映画として 胸をうつものは 正直、少なかったのですが、永年映画界のトップに立ち続けたご三方は やはり画面に登場するだけで眩しいくらいのオーラがありました。

● 大いなる陰謀  (Lions for Lambs) 92分 2007米
 監督:ロバート・レッドフォード  出演: ロバート・レッドフォード トム・クルーズ メリル・ストリープ アンドリュー・ガーフィールド マイケル・ペーニャ デレク・ルーク
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。